MANNA’s Secret


健康への近道は、毎日飲み続けること。
細胞レベルで体が欲しがるミネラルウォーター「マンナ」って?

マンナミネラルウォーターは世界各国のミネラルウォーターブランドと比較して、私たち日本人好みの軟水でありながら、30以上の希少ミネラルを含んでいることが特徴です。本来、植物も動物もミネラルを自分では作ることはできません。植物は土壌のミネラルを吸収し、動物は植物や水などからミネラルを摂取します。現代人のミネラルが不足している理由の一つに食事からのミネラルの摂取量が著しく低下しているのも原因とされています。飲み物からミネラルを積極的に摂取して、美しくて強い体づくりを目指しましょう。美容や健康に関心のある方には、是非注目していただきたいミネラルウォーターです。

 


マンナには、シリカ(メタケイ酸)と呼ばれるミネラルが1本(500mlあたり)に8.95mg含まれています。抗酸化作用や、飲む日焼け止めとして目や頭皮・手のひらなどから吸収されてしまうカットしきれていない紫外線による活性酸素の発生を抑えることが期待できるミネラル分の1つです。

それに加え、軟水でありながら”重炭酸塩”というミネラルが、1本(500mlあたり)に165mg含ままれています。重炭酸塩が含まれているメリットは、胃酸を中和し腸の運動を穏やかにする効果や、血液中の新陳代謝が上がり冷え性が緩和するなど、体の大元を整えることが期待できます。そのため、毎日の水分補給やスポーツ時、半身浴時に飲むのがおすすめです。ノンスパークリングのミネラルウォーターで重炭酸塩が含まれている水は珍しいため、炭酸が苦手な方でも美味しく召し上がることができます。シリカと重炭酸塩を一度に摂取できるのはマンナだけです。

  

日々のストレスや疲労により、体内のpHバランスは酸性に傾きます。酸性に傾くことで、体の免疫力が低下し体や心の不調につながると言われています。健康維持のためには、適度なアルカリ性の水分を体内に取り入れて、適切な状態に整えてあげることが重要です。pH8.4の弱アルカリ性であるため、飲むだけで酸化した血液を正常値に戻す効果が期待できます。エナジードリンクといった添加物の多い飲料を頼らずに体に優しいお水で、忙しいあなたの毎日をサポートします。

  

日本人は、硬水よりも軟水の方が馴染みがあると言われています。硬水はミネラル補給に適していますが、過度な摂取は胃腸に負担をかけ下痢を招く可能性もあります。毎日たっぷりお水を飲んで、健康を目指すのであれば軟水をチョイスすることで、ストレスなく長く続けることができます。軟水は飲む以外にも、調理用に使用するのもおすすめです。軟水は、和食との相性がとてもいいです。特に白米を炊いたり出汁を取ったりする場合は、クセの少ない軟水がおすすめです。生活に取り込みやすいマンナは、きっとあなたのライフスタイルにも馴染むはず。

 一口含めば分かる、自然の甘みと口当たりまろやかな味わい。マンナならではの味をお楽しみください。


x