ニュース RSS



ミネラルウォーターのpHって?

ミネラルウォーターを選ぶときに、pH値にも注目してみよう 通常私たちは血液中の物質の量を調節してpHを一定に保っています。弱アルカリ性であるのが健康の証であり、酸性に偏ってしまうと体に不調が現れます。私たちの身体はストレスにさらされ続けると、血液がわずか酸性に傾き、免疫力が低下し、さまざまな病気を引き起こす可能性があります。そんなマンナはpH8.4の弱アルカリ性のミネラルウォーターなので、摂取するだけで血液中のpHを正常値に戻し、身体の調子を整えることが期待できます。強くて健康的な体作りへの近道は、この良質なミネラルウォーターを毎日摂取することです。そこで今回、飲料水のpHについて知って得する情報をお届けします。 そもそもpHってなに? みなさんは酸性やアルカリ性といった言葉を聞いたことがあるでしょうか。小学生の時にリトマス紙を使って勉強した思い出などがあると思います。飲料水においてはpH値が変わることで味や効能が変わりますが、私たちの体にとって最適なpH値とはどれくらいでしょうか。ここではpH値の意味や飲料水のpH値などについてご紹介します。溶液にはそれぞれ性質があり、酸性や中性、アルカリ性といったものがあります。これらをわかりやすく数値で表したものがpH値とよばれるもので、1~14までの範囲で表されます。pH7が中性であり、それより数値が低いものが酸性、高いものがアルカリ性になっており、数値が中性より離れれば離れるほど強い性質であると言えます。 さまざまな食品のpH値 それでは、私たちが普段口にしている身近な食品は、どれくらいのpH値なのでしょうか。以下が主な食品のpH値です。 レモン:pH2~3 コーラ:pH2~3 酢:pH2~3 みかん:pH3~4 ポン酢:pH3~4 スポーツドリンク:pH3~4 フレンチドレッシング:pH3~4 しょうゆ:pH4~5 ビール:pH4~5 炭酸水:pH4~5 ミネラルウォーター:pH7~10 水道水:pH5.8~8.6 一般的に「酸っぱい」と感じる食品は酸性になっているものが多いのですが、スポーツドリンクやコーラなどもかなりpH値が低く、酸性であることがわかります。逆にアルカリ性は苦みを感じるため、pH10を超えるようなアルカリ性の食品はほとんどありません。上記のことから私たちが普段身近に口にしているものは酸性が多いことがわかります。 飲料水に適したpH値 飲料水としては中性(pH7.0)に近いお水であることが望ましいため、水道水の規格としてはpH5.8~8.6に定められています。広範囲のように思われますが、貯水池の環境にも依存されるため、このような基準になっています。炭酸水は二酸化炭素が溶け込んでいるためpH4.6前後とかなり低めです。またミネラルウォーターは、銘柄によって大きく差があり、中性~pH10前後のアルカリ性が強いものまで多くの種類があります。私たちの体液はpH7.4前後の弱アルカリ性に保たれています。そのため、pH7~8程度の弱アルカリ性飲料水は体に良いとも言われており、普段の水分補給におすすめです。しかし、pH9を超えるアルカリ性の水は下痢を起こしやすくなったり、胃酸の殺菌作用が弱まることもあると言われているので、摂り過ぎには注意をする必要があります。逆にpH6前後の弱酸性の飲料水を飲んでも人体には影響がなく、体内のpH値が変わることはありません。 pHで変わるお水の味 レモンやお酢が酸っぱいように、酸性が強くなるほど酸っぱくなり、アルカリ性が強いほど苦く感じてヌルヌルします。好みや用途によっても違いますが、一般的においしいお水を飲むのなら弱アルカリ性のミネラルウォーターがおすすめです。飲料水はおおむねpH6~9程度ですので、極端に酸っぱさや苦みを感じることはありませんが、味に敏感な方はこの違いに気付く方もおられるようです。マンナのお水は標準値としてpH8.4になっていますので、とてもおいしく飲むことができます。 いかがでしょうか。私たちが普段飲んでいる飲料や食べている食品は、酸性のものが多いということがわかりました。弱アルカリ性の水は摂取するだけで血液中のpHを正常値に戻し、身体の調子を整えることが期待できます。また、身体への刺激も少なく最適とされています。健康のためにも、日頃の飲み物を今一度見直してみてはいかがでしょうか。

続きを読む



ミネラルウォーターの種類

水にもたくさんの種類がある、違いを知って飲み分けよう 日本の水道の普及率は97%を超え、全国どこにいても蛇口をひねるだけで、安全な水が手に入る国です。一方、世界に目を向けてみると、水道の普及は進んでいるものの、水道水をそのまま飲める国は日本を含めわずか8か国、そのまま飲めるが注意が必要な国が21か国と言われており、日本からの渡航者が多い台湾やタイ、中国といった国ですら、水道水をそのまま飲むことはできません。世界では、ほとんどの国でミネラルウォーターを購入するか、自宅でろ過や煮沸をしないと、飲料水を手に入れることはできません。日本はお水事情に非常に恵まれている国と言えますね。 ミネラルウォーターには種類がある ところで、一般的に「ミネラルウォーター」と呼ばれる水には、4つの種類があるのをご存じでしょうか?農林水産省による『ミネラルウォーター類(容器入り飲料)の品質表示ガイドライン』は以下の通りです。 ① ナチュラルウォーター特定の水源から採取された地下水を原水とし、沈殿・濾過・加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行っていないもの。② ナチュラルミネラルウォーター特定の水源から採取されたミネラルを含む地下水を原水とし、沈殿・濾過・加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行っていないもの。③ ミネラルウォーター特定の水源から採取されたミネラルを含む地下水を原水とし、品質を安定させるために、ミネラルの調整をしたり、複数の水を混合したり、紫外線やオゾンによる殺菌・除菌などの処理を行ったりしているもの。④ ボトルドウォーター純水、蒸留水、河川の表流水、水道水など。処理方法に規定はなく、大幅な改変を加えることもできる。 どのミネラルウォーターのラベルに明記してあるので、ぜひ一度確認してみてください。 ミネラルウォーターの硬度 硬水と軟水 ミネラルウォーターには、「軟水」と「硬水」という分け方もあります。これは、1リットルのミネラルウォーターに含まれるマグネシウムとカルシウムの量によって算出した「硬度」を元にした分類です。 硬度の計算方法硬度=(カルシウム量mg/L×2.5)+(マグネシウム量mg/L×4.1) ミネラルウォーターの分類には国ごとの考え方に差があり、品名表示の方法も異なりますが、WHO(世界保健機関)では硬度60mg/L未満を軟水、60~120mg/Lを中硬水、120~180mg/L硬水、180mg/L以上を超硬水としています。一方日本では、硬度100mg/L以下の水を軟水とし、101~300mg/Lを中硬水、301mg/L以上を硬水とする分け方が一般的なようです。ミネラルウォーターの商品ラベルの栄養成分表示には、カルシウム量やマグネシウム量が記載されているので自分で算出することもできますが、硬度が記載されているものも多く見られますので、是非こちらもチェックしてみてください。 硬度によって特徴や味わいが違う 「硬度」がミネラルウォーターのすべてを表すわけではありませんが、その特徴を知る一つの目安になります。軟水と硬水に優劣はありませんが、水としての性質が異なるため、それぞれの性質を知り、うまく利用するのがおすすめです。 赤ちゃんのミルクの調整や幼児のいるご家庭には軟水 繊細な味付けや素材の風味を大切にする和食に向いているのが軟水です。日本人に馴染みのある飲みやすい水は軟水です。無味無臭なものが多いため、素材本来の味や風味を邪魔することがありません。お米の炊飯にも適しており、ふっくらつやつやなご飯が炊き上がります。まろやかな風味とさっぱりとした口当たりのお水が多いので、就寝前や体調が優れないときの水分補給にも、身体にやさしい軟水がおすすめです。また、肌や髪の毛にも優しく、石鹸や洗剤などの泡立ちも良いとされます。ところで、赤ちゃんや幼児にとって、マグネシウムがたくさん入った硬水は、胃腸に負担をかけすぎる懸念があります。体調を崩す原因にもつながりますので、ぜひ体に優しい軟水を飲ませてあげてください。 硬水は便秘改善や動脈硬化の予防に期待 例えば、硬水に多く含まれているカルシウムとマグネシウムは、血管を強くし、血液をサラサラにする効果が期待できるため、動脈硬化の予防につながります。また、マグネシウムは下剤にも使われる成分なので、慢性的な便秘に悩んでいる人にとっては便秘の改善が期待できます。料理では、肉の臭みを消したり灰汁を出したりする働きがあり、シチューなど洋風の煮込み料理に向いています。ただし、胃腸の弱い人はおなかが緩くなる可能性があるので不向きですし、お米を炊くと、カルシウムが吸水を妨げるため、ぼそぼそとした固いごはんになってしまいます。さらに、香りや繊細な風味を楽しみたい料理や飲み物にも適しません。   いろいろな水が店頭に並び、どれを飲もうか迷う昨今ですが、種類や硬度の違いを知っていると、お水の選び方のヒントになります。一方で、人間の体は、自分の体調に合った水を、美味しいと感じるようにできているとも言われます。いろいろな効能が期待できることも大事ですが、「美味しい!」と感じる水を選ぶこともやはり大切なポイントです。地表に降り注いだ雨粒が、30年間という時間をかけて岩盤を通り抜け、磨き上げられた美しい水へ。マンナミネラルウォーターは、重炭酸塩やシリカと言った稀少なミネラルを含むミネラルウォーターです。弱アルカリ性の軟水のため、赤ちゃんや小さなお子さまからご年配の方にも安心して飲んでいただける軟水です。ぜひ一度、お試しください。

続きを読む



はじめまして、マンナウォーターです

初めまして。マンナミネラルウォーターです。日本初上陸!台湾発のミネラルウォーターブランドのため、おそらく初めてこの青いボトルを見かけたという方がほとんどであると思います。そんなマンナミネラルウォーターについて、ご紹介させていただきます。 マンナミネラルウォーターの特徴 MANNA Water(マンナウォーター)は、世界三大冷泉地チチハル・五大連池から採水された、台湾発のミネラルウォーターブランドです。ミネラルを多く含んだ岩石層を数千年という長い年月をかけてゆっくりと浸透した、自然の恵みが育んだピュアな水です。日本人のみなさんにも飲みやすい弱アルカリ性のpH8.4の軟水のため、飲料水としてはもちろん、お料理にもお使いいただける水です。また、人間が必要とする30種類以上の希少なミネラルがバランス良く豊富に含まれています。毎日飲めば飲むほど、健康維持の手助けが期待ができる特別な水です。特に、軟水でありながら重炭酸塩を豊富に含む珍しい軟水であることが特徴です。重炭酸塩は、温泉に多く含まれている成分で、デトックス活動や新陳代謝UPにとても重要な働きを行うと注目されています。まろやかで、口当たりがとても良いため、半身浴時のお供におすすめのドリンクです。そのため、美容意識の高い方や、健康を意識されている方に多くの支持を得ています。 安心安全へのこだわり お客様の安心安全を第一に品質管理を行い、厳格な製造管理を行っております。地底から汲み上げられた原水を採取し、殺菌・ボトル注入・箱詰めを2時間以内に行っております。また、品質管理においてはHACCP(食品安全管理システム)、ISO9001(品質マネジメントシステム)、およびISO22000(食品安全マネジメントシステム)の認証を取得しております。世界的に選ばれる飲料水ブランドとして確立するために、FDA認証(アメリカ食品医薬品局)や、EQM認証(エミレーツ品質マーク)の認証を取得しています。 ライフスタイルに合ったサイズ展開 ラインナップは、ミネラルウォーターと、スパークリングウォーターの2種類です。ミネラルウォーターは268ml・355ml・500ml・1500mlの4サイズ展開です。スパークリングウォーターは、500mlの1サイズ展開です。自宅用から持ち歩き用まで、あなたのライフスタイルに合ったサイズをお選びいただけます。 ついに待望の日本上陸へ! これまでのマーケットは台湾・香港で販売されており、現地でも美容意識の高い層や、健康に気を遣う方々より支持を得ているのミネラルウォーターブランドです。台湾では、現地の「誠品生活(2019年に東京・日本橋に上陸して話題となった人気の書店と雑貨を集めたセレクトショップ)」に商品が並んでいます。 2020年には、当ミネラルウォーターがモンドセレクション最高金賞を受賞しました。今後も世界的なミネラルウォーターブランドとして確立していくめ、日本のマーケットへの進出が決定いたしました。多くの方にこのミネラルウォーターを手に取っていただきたく存じます。マンナウォーターが皆様の健康やQOL向上に役立ち、あなたの生活の一部のとして大きな役割を果たす、”相棒のような存在”となりますように。どうぞ、よろしくお願い致します。

続きを読む


x